あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

簡単なやり方

今回は、見た目も派手で習得できたならば大きな武器となるテクニックの
簡単なやり方を紹介しましょう。

 

「マルセイユ・ルーレット」という名前を聞いたことがあると思います。
2000年代に活躍したジダン選手が得意とした回転技ですね。

 

このテクニックは、相手とボールの間に自分の体を入れながら回転します。
ですから、単に相手を突破するためだけではなく、ボールを前に出しすぎるなど、
コントロールが大きくなってしまったときに立て直す方法としても有効です。

 

テクニックだけ見ていると、とても複雑なことをやっているように思えますが、
やり方を憶えてしまえば、案外と簡単にできるようになります。

 

pic22.gif
1:まわりの状況に注意しながら、相手ディフェンスの近くまで踏み込みます。
相手の足がギリギリで届かないところまで近づきます。

 

2:ボールが相手の足に届くギリギリのところで、大きく右足を出しましょう。

 

pic23.gif
3:右足の裏でボールを引きながら、体は左回りに回転します。
ちょうど、足でボールを引く動作と、体の回転が反対になります。

 

4:このとき、左足を軽く浮かしてジャンプするとスムーズに回転できます。

 

pic24.gif
5:体が反転した時点で、引き足を右足から左足にスイッチします。
体の回転の勢いをころさないようにしましょう。
そのまま体を回転させるとともに、左足でボールを一気に引きつけます。

 

6:体が一回点ターンしたら、あとはスピード上げて抜き去りましょう。

 

どうでしょうか?
やり方が分かれば、自分でも簡単にできそうに思えて来るでしょう。

 

このテクニックは見た目が派手で、突然出すと相手もうろたえるので効果的です。
しかし、一度の試合で何度も出すと慣れてしまうので効果は薄れます。
そういった意味では、ここぞというときに出すべき必殺技と言えます。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。