あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

シザース

今回は試合中に使用される頻度の高い「シザース」について説明しましょう。
シザースは、ドリブル中に左右の足でボールをまたぐテクニックです。

 

ディフェンスの体重が、シザースの動きにつられて片方に片寄ったり、
両足がそろった瞬間に方向転換やスピードアップして
抜き去るテクニックです。

 

pic13.gif
シザースは、軸足をボールの真横に踏み込み、
逆の足でボールを内側から外側へ向かってまたぎます。

 

またぐ足は、ボールの前を通します。
ボールの後ろ側をまたいでも、相手ディフェンスには
またぐ姿が良く見えないので、フェイントにかかりにくいです。

 

pic14.gif
1:またぐ方向へ体重を移動して、その方向へ進むと見せかけます。

 

体重は移動させても、体軸を傾けないように注意しましょう。
上体は真っ直ぐのままを保ちましょう。

 

2:外にまたぐシザースの場合は、アウトサイドで蹴ると見せかけます。
相手がつられて動くように、素早くまたぎましょう。
リアリティが求められる場面です。

 

pic15.gif
3:またぎ終えた足をしっかりと踏み込み、逆方向へ一気に方向転換します。
逆足のアウトサイドで切り返しましょう。

 

4:方向転換後は一気にスピードアップして
相手ディフェンダーを抜き去りましょう。

 

シザースのポイントは、「ボールの前をまたぐ」「体の軸を傾けない」です。
相手がフェイントにかかった瞬間を逃さず、一気に加速しましょう。

 

pic16.gif
シザースは、左右両方の足でできるようになっておきましょう。
そうすることで、連続的にシザースを行うこともできます。

 

右にシザースして相手ディフェンダーがかからなかった場合でも、
連続して逆足でシザースすることで、ディフェンスの混乱を誘うことができます。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。