あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

テクニックとは

全てのサッカー選手にとって、華麗なテクニックで相手を抜き去る姿は憧れです。
しかしここで忘れていけないのは「サッカーは点を取るスポーツだ」と言うことです。

 

相手ディフェンダーを何人抜いても、シュートが入らなければ得点になりません。
逆に、相手を1人も抜かないままでも、シュートが入れば得点になります。

 

ですから、日々の練習でどんなにテクニックを磨いても
それが試合でシュートに結び付けられないのならば勝利には繋がらないのです。

 

もちろん、個別のテクニックを磨く練習も重要です。
しかしそれと同じか、それ以上に、シュートを意識した練習も大事なのです。

 

シュートを意識したドリブル練習というと、
真っ先にドリブルシュートの練習があがりますね。

 

しかし実際の試合で、ドリブルから直接シュートに持っていく
と言う場面は、あまり多くありません。

 

ゴール前は込み合っていて、相手を抜いても
すぐに次のディフェンダーが立ちはだかります。
抜いた後も、悠長にドリブルを続けるスペースはありません。

 

実際の試合では、立ち止まった状態。もしくはボールを受けた状態から
数歩のドリブルでシュートに至る場面がほとんどです。

 

また、シュートを最終目標にするのであれば
マークするディフェンダーを完全に抜き去る必要もありません。

 

必要なのは、ボールが1個通ることのできるスペースです。
フェイントで相手の体勢を崩すことができれば、
その隙間からシュートを打つことができるのです。

 

普段、テクニックの練習をするときにも、「すべてはシュートのためにある」
という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

せっかく身につけたテクニックも無駄にしないためにも
ドリブルからシュートへつながる姿を、常にイメージしましょう。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。