あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

周りに差をつける「技術」

サッカーを経験したことのある人ならば、
華麗なテクニックで相手を抜き去る姿は憧れですね。

 

多くの技を覚えれば、それだけドリブル中の選択肢の幅が
増えるということになります。
それと同時に、ひとつの技を磨き上げることも重要です。

 

ここでは、ドリブルで突破するときに不可欠となる技術のいくつかを紹介します。
できるだけ多くのテクニックを身につけられるように。

 

そしてまた、ひとつひとつの技術を確実に身につけられるように。
イラストを使ってひとつずつ説明していきます。

 

周りに差をつける「技術」記事一覧

サッカーのドリブルにおいて、敵ディフェンスラインを突破するためにひとつでも多くのフェイントを持っておくというのは非常に有効です。しかしそれと同じか、それ以上に「ひとつの技を磨く」という努力も必要です。中途半端なレベルの技をいくつも持っているよりも、何かひとつでも、切れ味鋭い技術を持っていたほうが武器となります。例えば、フェイントで最初に憶える「切り返し」という技があります。これは単純だけれども、そ...

全てのサッカー選手にとって、華麗なテクニックで相手を抜き去る姿は憧れです。しかしここで忘れていけないのは「サッカーは点を取るスポーツだ」と言うことです。相手ディフェンダーを何人抜いても、シュートが入らなければ得点になりません。逆に、相手を1人も抜かないままでも、シュートが入れば得点になります。ですから、日々の練習でどんなにテクニックを磨いてもそれが試合でシュートに結び付けられないのならば勝利には繋...

フェイントと言ってまず挙げられるのが「キックフェイント」です。キックフェイントは昔からあるものですが、現在でも十分に効果的です。ドリブルから、シュートやパスをすると見せかけて、相手が反応したところを抜き去るのがキックフェイントです。特に相手のゴール前では、敵ディフェンスはシュートを打たせないことを一番の目的に動きます。こちらが大きなキックフェイントのモーションをかければ相手ディフェンスは飛び込まざ...

今回は試合中に使用される頻度の高い「シザース」について説明しましょう。シザースは、ドリブル中に左右の足でボールをまたぐテクニックです。ディフェンスの体重が、シザースの動きにつられて片方に片寄ったり、両足がそろった瞬間に方向転換やスピードアップして抜き去るテクニックです。シザースは、軸足をボールの真横に踏み込み、逆の足でボールを内側から外側へ向かってまたぎます。またぐ足は、ボールの前を通します。ボー...

フェイントの目的は、相手の裏をかき、騙すことにあります。どんなにスピードに自身のある選手でも、ずっと同じ調子では相手も慣れてしまい、フェイントが効かなくなってしまいます。ドリブルのスピードに緩急をつければ、相手のディフェンダーもボールを奪いにくるタイミングが掴みにくくなります。緩急を使ったフェイントで効果的なのが「ストップ・アンド・ゴー」です。トップスピードのドリブルから、急停止して相手ディフェン...

実際の試合、いわゆるゲーム中に行うドリブルは、華麗に相手を抜き去ったり、ゲームを決定付けるシュートにつながるようなものだけではありません。ときには、味方がゴール前に上がるまでの時間を稼ぐため。ゲーム終盤で残り時間を安全に消費するため。パスコースを見つけるまでの時間をつくるため。ボールをキープするためのドリブルも必要になります。ボールキープを目的とするするドリブルでは、とにかく相手ディフェンダーにボ...

今回は、見た目も派手で習得できたならば大きな武器となるテクニックの簡単なやり方を紹介しましょう。「マルセイユ・ルーレット」という名前を聞いたことがあると思います。2000年代に活躍したジダン選手が得意とした回転技ですね。このテクニックは、相手とボールの間に自分の体を入れながら回転します。ですから、単に相手を突破するためだけではなく、ボールを前に出しすぎるなど、コントロールが大きくなってしまったとき...

今回は、ドリブル中のターン技をひとつ紹介しましょう。往年の名選手、ヨハン・クライフが得意としたテクニックで、その名も「クライフ・ターン」と呼ばれています。キッキングフェイントから、軸足の後ろ側を通してターンするテクニックです。体の後ろを通すので、相手に奪われにくいのも特徴です。最初に軸足をいつもより少しだけ前方にしっかりと踏み込むと、体重移動がスムーズにできるようになり、よりターンがやりやすくなり...

これまでいろいろなドリブルのテクニックを紹介してきました。最後に、上級テクニックをひとつ紹介しましょう。エラシコと呼ばれるこの技は、ロナウジーニョが使ったことで有名になりました。南米の選手がよく使用する、非常に高度な上級テクニックです。アウトサイドで外に運ぶと見せかけて、相手が反応した瞬間、もしくは反応できないうちにインサイドへ切り返します。1:相手ディフェンスとの間合いをゆっくりとつめていきます...

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。