あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

スピードアップ

ゴール前の混み合った状況では、スペースも少ないです。
そのため、スピードだけで敵ディフェンスを振り切ることは難しくなります。

 

相手を欺くためには、リズムの緩急を利用する方法が有効です。
じっくりとボールを運び、ここぞという瞬間に一気にスピードアップします。

 

スペースの無い場所で、スピードに乗ることが難しいのは
相手ディフェンダーも同じです。

 

それを逆手にとって、一気にスピードアップすれば
簡単に相手を振り切ることができるのです。

 

ゴール前では、自分をケアしているディフェンダーは一人ではありません。
折り重なるディフェンスの隙間を縫うようにして、一気にスピードアップしましょう。
では、その一例をあげてみましょう。

 

pic34.gif
1:自分をマークするディフェンスを引きつけながら、中央へ向かってドリブルします。
ここは緩急の"緩"の部分ですので、敵にボールを奪われない程度のスピードです。
顔を上げて、まわりの状況をしっかりと把握しておくことも重要です。

 

2:ドリブルの進路をふさぐようにサポートのディフェンダーが動いたら、
一気に角度を変えて切り込みます。
角度を変えるターンと同時に、一気にスピードアップします。

 

ディフェンスラインの隙間が閉まってしまう前に、
駆け抜けてしまいましょう。

 

ドリブル中は常にまわりの状況に気を配り、
相手ディフェンスが動いた瞬間を逃さないようにしましょう。

 

もちろん、動いたディフェンスの裏にパスコースができれば、
ドリブルに固執することなく、パスを選んでも良いでしょう。

 

大切なのは突破することではなく、点を取ることなのです。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。