あなたのスキルはなぜ上達しないのか?

ドリブル

決して足の速くなかった城彰二氏が、なぜFWとして日本代表で活躍できたのか? 「ドリブル」「シュート」など、ゴール量産のポイントを大暴露!

 

ドリブル

ドリブルシュート

サッカーは点を取り合うスポーツです。
ですから、ドリブルからシュートに至るテクニックは最も重要な技術だと言えます。

 

といっても、基本的なシュートの打ち方は止まっているときと同じです。

 

pic31.gif
ボールの真横に軸足をしっかりと置き、
軸足は柔らかく膝を曲げて、つま先を蹴る方向へ向ける。

 

蹴り足のスイングは、大きく、まっすぐに。
足首を伸ばして、脛と足の甲がピーンと伸びるようにします。

 

インステップシュートの場合、ボールに当てるのは、足の甲の真ん中。
足首を固定して、勢いをつけて真っ直ぐに振り抜きましょう。

 

基本的な蹴り方は以上ですが、ドリブルシュートの場面では
この他にいくつかの注意点があります。

 

pic32.gif
まず、最も注意しなければいけない点は"ボールは常に動いている"
ということです。

 

ドリブルシュートでは、まず軸足の置き場所に気をつけなければいけません。
シュートの瞬間に最適となる場所に、軸足を踏み込みましょう。

 

そのためには、ドリブルのスピードと軌道をしっかりと把握して、
今あるボールの位置よりも、少し前方に踏み込む感覚です。

 

それから次に"ボールの真ん中を蹴ること"これも重要です。

 

「そんなのは当たり前だ」と思うかもしれませんが、
動いているボールの中心を蹴るのは、思っているよりも難しいことです。

 

しっかりとボールを良く見て、この先にボールがどの位置に動くのか
それを予測して蹴り足を振らなければいけません。

 

軸足と蹴り足のシュート動作は、シュート直前のタッチをコントロールすることで
スムーズに行うことができます。

 

ドリブルの勢いをそのままシュートに生かすことも大事ですが、
普段のドリブルと同じように足元の近くにボールを置いていると、
シュートがつまってしまい、うまく打つことができません。

 

また、かなりの上級者でない限りトップスピードのボールを
確実にヒットすることは難しいです。

 

シュート前のドリブルは、スピードを少し落とし、
足元よりも少し先の方にボールを置きましょう。

 

そしてまた、スピードに乗ったドリブル中は、体の動きも大きくなります。
シュートの瞬間に、勢いで体が流れないようにしなければいけません。
軸足をしっかりと踏ん張り、蹴りたい方向に状態を向けましょう。

 

最後に、ゴール前の混雑した場面では、インステップ・キックのように
大きく振りかぶるシュートはなかなかできません。
シュート前に大きくボールを蹴りだすと、相手DFに奪われる危険もあります。

 

そういった場面では、足元近くにボールがあっても蹴ることができる
トゥ・キックやインサイド、アウトサイドのシュートが有効です。

 

コンパクトに振りぬいて、ゴール前の一瞬の隙をつきましょう。


 

 

ドリブルも上達のスピードも一気にアップ!!

ドリブル


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

【城彰二】ゴールからの逆算の特徴

元日本代表フォワードでありながら、最高位指導者資格S級ライセンス取得。技術力、指導力ともに1流だから、わかりやすい! ドリブル上達の決定版!

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法の特徴

わずか1人の生徒からスタートしたクラブチームをたった5年で県大会優勝に導いた越智隼人氏直伝のサッカーマニュアル。

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVDの特徴

Jリーグ優勝監督が教える!早野宏史氏の1流プレイヤーを育てるサッカー練習法。プロの指導者だからできるわかりやすい指導マニュアル。